So-net無料ブログ作成

10年前の薬

10年ぐらい前、右手の薬指が赤いブツブツが出来て、痒いの掻いていたら、それが広がってしまったので、皮膚科へ行きました。皮膚科では、赤いブツブツが出来た原因は分かりませんでしたけど、塗り薬を処方してくれました。それを塗ると、1日で治りました。

でも、数日経つと、また赤いブツブツが出来てくるので、また薬で治すということをしばらく続けていました。確か、1ヶ月ぐらいそんな感じだったような気がします。でも、1ヶ月を過ぎた頃から、赤いブツブツが全く出なくなり完治しました。

それから、何年も経っているのですが、2~3日前から、また赤いブツブツが指に出てきました。それで、以前使っていた薬がないか探してみると、引き出しの中にあったので塗ってみました。10年ぐらい前の薬なので、効果は無くなってるかな…と思ったのですが、赤いブツブツは消えてくれました。常温で10年も置いたままにしていても、効果はあるモノなんですね。薬って腐らないのかなぁ~とか思ったのですが、飲み薬じゃないし、あまり気にせず塗ってしまいました。

まぁ、効果があったので、古い薬だからといっても気にする必要はないと思っています。それにしても、赤いブツブツが出来る原因が知りたいです。また出てきたらイヤなので…。

ネットで調べようとしたのですが、よく分かりませんでした。10年ぐらい前、皮膚科に行ったとき、その赤いブツブツが何なのか、医者でさえ分からなかったぐらいですから、素人がネットで調べて分かるはずはないのですが…。

でも、薬を捨てずに置いておいた良かったです。今さらですけど、薬は冷蔵庫で保管しておいた方がいいのかなぁ~。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。